カダイバー インプラント セミナー ハワイ

お問い合わせはこちらへ TEL:0276-20-5670

ACL-Times vol.12

Advanced Dental Seminar in Hawaii 2009

Cadaverセミナーは解剖用献体の頭部を2人で1体または1人1体を使用した実践セミナーです。
カダイバーは予めHIV・Hepatitis等全ての疾病に対しての検査済みのものを使用します。日本での実施は不可能なセミナー故に価値のあるセミナーとして注目されています。
講師 伊藤慎一

医療法人セントラル
第一歯科クリニック

理事長

東北大学歯学部卒業/歯科保存学分野で博士号を取得/「歯根膜細胞による破骨細胞の誘導形成抑制」/1985年よりスウェーデンイェテボリ大学/J・リンデ教授に歯周病学を学ぶ/3iインプラント公認インストラクター/日本口腔インプラントアカデミー会長/アメリカインプラント学会会員/日本歯科保存学会会員/日本実験力学会会員


講師 西村郁夫

しらとり歯科医院
院長

東北歯科大学卒業/日本顎咬合学会会員/3i公認インプラント講師/国際インプラント学会AIAI会員/国際インプラント学会AIAI認定医
主催:ADSH
協賛:ACL Hawaii
後援:株式会社 足利セラミックラボラトリー

2009年 1月23〜24日
ハワイ・アウトリガー・ワイキキ・オンザビーチ

アドバンス・デンタル・セミナー2009(Advanced Dental Seminar in Hawaii 2009)(ADSH)を、足利セラミックのハワイ支社である「ACL Hawaii Inc」により、1月23日〜24日にハワイ アウトリガー ワイキキ オンザビーチにて開催しました。

3i社公認のインストラクターとして日本国内に於いて御活躍中の伊藤慎一先生を講師としてお招きし、また弊社宗村と同じスタディーグループに所属している西村郁夫先生、大原尚明先生もサポートとしてお招きしました。

セミナー受講者は24名、南は広島県、北は岩手県とほぼ全国に渡り、様々な地域でご活躍されている先生方に参加して頂きました。

23日(金)午前中は西村先生の講義でベーシックコースのインプラントの基礎知識から埋入可否判定について等の講義がありました。

23日(金)午後はアドバンスコースで伊藤慎一先生によるサイナスリフト可否判定判断と術式、ボーンクラフト手法,サイナスリスト VS ソケットリスト等の講義でした。

左:伊藤慎一先生
中:弊社代表の宗村
右:西村郁夫先生

24日(土)は朝8時30分から午後5時30分まで実際のカダイバーを使いデモンストレーションに続き参加された先生の実習に入りました。

今回のセミナーは、ワイキキ中心部のホテル前にビーチが広がるリゾートホテルの会議室にて行われました。カダイバーを使用したインプラントセミナーを開催して感じた事は、日本とアメリカの医療の考え方の違いです。

参加された先生からの評判が非常に良かったので、これからも定期的に有意義なセミナーとして開催し、多くの先生方に技術研修をして頂くと共に日々診療の大きな技術としてお役にたてればと考えています。

最後になりますが、今回参加されました先生方、サポートの方々、スタッフの皆様のご協力により、セミナーが終了した事をここに感謝申し上げます。また、当セミナーにご参加出来なかった先生方、次回開催時は是非ご参加をお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。

2009年 1月22〜23日
ハワイデンタルミーティング2009

ハワイデンタルミーティングが1月22日、23日ハワイ アラモアナショッピングセンター近くのハワイコンベンションセンターで行われました。

上記のカダイバーセミナーと合わせて参加しましたが、今年の9月30日〜10月4日にアメリカADAのデンタルショーが控えている為、各ブースともほとんど活気がないように見受けられました。

編集人 足利セラミックラボラトリー代表 宗村裕之