超精密義歯 ノンクラスプデンチャー 各種アタッチメントなど

お問い合わせはこちらへ TEL:0276-20-5670

デンチャー 有床義歯

適合精度を高めるため、人体により安全な義歯を作るため、ACLは様々な試行錯誤を繰り返し、より素晴らしい義歯を提供する事が可能となっています。

適合精度の良いフィットレジンの使用、吸引加圧重合システムの使用、修理・増歯が可能な熱可塑性樹脂アクリショット、強度に優れたレーニングシステム、注目されているノンクラスプデンチャーのMIシステムなど、様々な機器を導入し、絶えず技術の研鑽に励んでいます。

新素材エステショットの取り扱い開始しました

義歯修理、増歯可能なノンクラスプ用レジン、エステショットの取扱開始しました。

ノンクラスプデンチャー

適合精度の高いインコバックシステム採用

※黄色の箇所が隙間

当技工所ではインコバックシステムを採用しております。

インコバックシステムとは、義歯の製作工程で重要な重合工程において、フラスコ基底面のバルブにより密閉された空間を減圧し、同時に外部より圧力を加えることで、印象面と模型との間の空間を満たしているレジンを、模型面上に押し付けるように重合させるシステム。
レジン内の空気を取り除き、密度を高めるばかりでなく、適合精度が著しく向上します。

新素材アクリショット取り扱っています

スルフォン床と同じ保険請求が可能なアクリルレジン、株式会社ビーエムジーの「アクリショット」を取り扱っております。従来のアクリルレジンとは異なり、熱可塑性を持つ材料です。

床の特性について

金属床アクリルレジン床熱可塑性義歯
強度優れている金属床より劣るアクリルレジン床より強い
厚さ薄い厚いアクリルレジン床より少し薄い
違和感少ない多い多い
熱伝導良い
(味覚を損なわない)
悪い悪い